予約
予約システム

当院では10:30以降の診療について予約が可能となっております。

患者様の待ち時間を少しでも短縮できればと考えておりますので是非ご利用下さい。

ダウンロードはこちら

問診票ダウンロード ダウンロードはこちら

PDFを開くには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はこちら >> インストール(無料)


診療時間
月・火・水・金曜日
午前  9:00~12:30
午後 14:30~18:30
 
木曜日
午前  9:00~12:30
土曜日
午前  9:00~13:00
日曜日
 下肢静脈瘤初診外来・完全予約制
午前  9:00〜11:00
(日曜以外は、初診・再診随時受付)


休診
木曜日午後、祝日

アクセス

〒191-0062
東京都日野市多摩平1-4-19-201
TEL:042-589-3030

アクセスマップ

最寄駅:JR中央本線「豊田駅」北口300m(イオンモール多摩平の森向かい)
駐車場:専用駐車場有ります

下肢静脈瘤専門サイト 森末クリニック

ホスピタ

医療掲示板

求人募集

知って為になる下肢静脈瘤クイズ

お通じ110番クイズ

むくみま専科クイズ

ホネから元気

消化器・内科

エコー 内視鏡院長は日本消化器病学会専門医です。
胃カメラ、大腸ファイバーやレントゲン(胃透視、注腸)により癌や炎症、潰瘍の診断を行います。
胃腸以外の臓器については、マルチライスCTやエコー(超音波断層検査)で診断し治療致します。

各種検査

当院では下記の検査を行っております。

  • 胃カメラ、大腸ファイバー
    特殊な光線で、癌が識別しやすい最新機器です。
    スコープ洗浄・消毒に関しましては日本消化器内視鏡技術会安全管理委員会から出されている「内視鏡の洗浄・消毒に関するガイドライン」に基づき洗浄消毒を実施しております。
  • 胃透視、注腸
  • マルチスライスレントゲンCT
  • エコー(甲状腺、血管、腹部)
  • 血液、尿、便検査
  • 超音波踵骨測定装置(骨粗鬆症検査)
  • 血圧脈波検査装置(動脈硬化検査)
  • 肺機能検査

食道・胃で気になることはないですか?

以下の項目に1つでも当てはまることがあれば、当院にご相談ください。

  • 胃のあたりに痛みや不快感がある。
  • 胸やけやゲップが出る。
  • 胃のあたりに痛みや不快感があり、市販の薬を使っている。
  • 便が黒く、貧血気味なので、胃・腸から出血があるのではないかと心配だ。
  • 炎症や痛みを抑える薬(または血栓を防ぐための薬)を長く飲んでいるので、胃が荒れないか心配だ。
  • 健康診断で、レントゲン検査で胃に影があり、精密検査を勧められたが受診していない。
  • 過去に、ピロリ菌が陽性と言われたことがある。
  • 以前、胃潰瘍・十二指腸潰瘍の治療を受けたが、その後、受診していない。
  • 胃のあたりに痛みや不快感などの症状が続いているが、以前の健康診断でとくに異常はないと言われたのでがまんしている。
  • 家系にがんの方がいる。
  • 胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胃がんのことを知りたい。

胃の構造

胃の構造
胃は胸骨の下のくぼんだところ「みぞおち」あたりにあり、アルファベットの「J」の字に似た形をした筋肉でできた袋状の器官です。
胃には伸縮性があり、満腹時には1.5リットル程度に膨らみます。
胃の入口を「噴門(ふんもん)」、出口を「幽門(ゆうもん)」といいます。噴門は、胃液や胃の内容物が食道へ逆流しないように、栓のような役割を果たしています。幽門は、通常は閉まっており、食べ物が消化されて、十二指腸へ送られる時に開きます。
胃の内部は、粘膜で覆われており、この粘膜は多くのヒダと多くの小さなくぼみが(胃小窩)が存在します。
胃小窩は胃腺の出口で、胃腺には噴門部にある噴門腺、幽門部にある幽門腺、胃底部から胃体部にある胃底腺があります。
噴門腺・幽門腺からは粘液が分泌されます。
胃底腺からは3つの細胞が存在し、主細胞からは  ペプシンの前駆物質であるペプシノーゲン、壁細胞からは胃酸、粘液細胞からは粘液が分泌されます。

胃の主な働きについて

  • 胃液を分泌して食べ物を粥状にする
  • 粥状にしたものを一時的に貯蔵して少しずつ腸へ送る
  • 胃酸で食べ物の細菌などを殺菌する
  • 熱いもの、冷たいものの温度を胃液で調節する
  • アルコールの一部を胃の粘膜から直接吸収する

というはたらきがあります。
しかし、胃には栄養素を吸収するという働きはありません。
健康な胃を保つためには、食べ物をしっかり消化する「胃酸分泌」、胃酸の刺激から胃を守る「粘液分泌」、胃の中のものをかき混ぜて腸へと送り出す「蠕動運動」の3つのバランスが大切です。

●院長コラム

胃検診について
がんは、早期発見が要です。胃がんは胃粘膜より発生するため、胃の内側から直接胃粘膜をみることのできる胃カメラは胃がんの早期発見に有用です。
早期とされる胃の粘膜~粘膜下層までのがんでは、手術後5年生存率は98%であるのに対し、進行がんで筋肉の層を越えると70%以下にまで低下し、化学療法 も必要となる場合もあります。………続きはこちら

逆流性食道炎
胸やけでこまっていませんか?
最近TVのCMでも逆流性食道炎について見聞きします。先進国で高齢化も進み生活習慣病の方が多い日本のような国では、逆流性食道炎が起こりやすい環境にあるといえます。
先進国では経済発展するにつれ、食事が高脂肪、高カロリーとなっています。………続きはこちら