予約
予約システム

当院では10:30以降の診療について予約が可能となっております。

患者様の待ち時間を少しでも短縮できればと考えておりますので是非ご利用下さい。

ダウンロードはこちら
問診票ダウンロード ダウンロードはこちら

PDFを開くには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はこちら >> インストール(無料)


診療時間
月・火・水・金曜日
午前  9:00~12:30
午後 14:30~18:30
 
木曜日
午前  9:00~12:30
土曜日
午前  9:00~13:00
日曜日
 下肢静脈瘤初診外来・完全予約制
午前  9:00〜11:00
(日曜以外は、初診・再診随時受付)


休診
木曜日午後、祝日

アクセス

〒191-0062
東京都日野市多摩平1-4-19-201
TEL:042-589-3030

アクセスマップ

最寄駅:JR中央本線「豊田駅」北口300m(イオンモール多摩平の森向かい)
駐車場:専用駐車場有ります

下肢静脈瘤専門サイト 森末クリニック

ホスピタ

医療掲示板

求人募集

知って為になる下肢静脈瘤クイズ

お通じ110番クイズ

むくみま専科クイズ

ホネから元気

橋本病(慢性甲状腺炎)

橋本病とは

橋本病は、甲状腺に炎症が起きている病気ですが、細菌が入り込んで化膿するといった炎症ではなく、「自己免疫」の異常が原因で、自己抗体が甲状腺を攻撃するために細胞が少しずつ減って慢性的な炎症が生じる病気です。自己免疫で起こる病気はいくつかありますが、何がきっかけでこのようなことが起こるのか、いまだにはっきりしていません。橋本病はある種のリンパ球が甲状腺組織を攻撃して起こるらしいといわれています。甲状腺の病気は、どれも女性の方がかかりやすいのですが、橋本病は甲状腺の病気のなかでもとくに女性に多く、男女比は約1対20~30近くにもなります。また年齢では20歳代後半以降、とくに 30、40歳代が多く、幼児や学童は大変まれです。

橋本病の症状

甲状腺腫は全体にはれていて硬く、表面はこぶ状あるいは小顆粒(かりゅう)状に触れます。大きさはさまざまですが、よほど大きくないかぎり、物が飲み込みにくくなったり、呼吸困難になることはありません。甲状腺の機能も大半は正常なので、橋本病というだけではとくに自覚症状もなく、治療の必要もありません。しかし、加齢とともに甲状腺機能低下症の頻度が増して、最終的には軽度のものも含めると10~30%は機能低下症になります。甲状腺機能低下症からみると、原因の大半は橋本病です。

甲状腺の腫れ(甲状腺腫)

橋本病では、くびが太くなって見えることがよくあります。これは甲状腺がはれて大きくなっているためです。橋本病の場合は、このはれ(甲状腺腫)が診断の糸口になることが少なくありません。甲状腺腫の大きさはさまざまで、バセドウ病の甲状腺腫と似ていますが、橋本病の方が比較的硬く、表面がゴツゴツしているものが多い傾向があります。

甲状腺機能低下による症状

甲状腺機能低下症とは、血液中の甲状腺ホルモンが不足した状態をいいます。 明らかな甲状腺機能低下症がある人は橋本病の約10%ほどで、さらに20%ほどの患者様では、血液検査をして初めて甲状腺ホルモンの不足があることがわかります。残りの70%の方は、甲状腺機能が正常です。
甲状腺腫があるだけでほかに身体的にまったく異常がない場合には、橋本病であることにまったく気づかずに生活していることが少なくありません。また、甲状腺腫が大きいからといって機能低下が著しいとは限りませんし、甲状腺腫は目立たないのに著しい甲状腺機能低下が見られることもあります。甲状腺機能低下の症状には、次のようなものがあります。

橋本病と間違われやすい病気

橋本病は、症状の発現が多岐に渡ることから、他の病気と間違いやすい病気とされています。したがって、間違えられやすい病気を把握しておき、しっかりと特定することが重要となります。
以下は、橋本病の症状と同様あるいは似ている症状が発現するために、間違えやすい病気です。

注意が必要な橋本病

無痛性甲状腺炎

甲状腺に蓄えられている甲状腺ホルモンが血液中にもれ出てくるために、一時的に甲状腺ホルモンが過剰になり、バセドウ病と紛らわしい症状が出ることがあります。甲状腺の痛みはなく「無痛性甲状腺炎」といいます。長くても4ヶ月以内には自然に治ります。

橋本病の急性憎悪

橋本病の急性憎悪甲状腺の炎症が急に悪化して甲状腺が大きくなり、痛んだり熱が出たりすることがあり、これを「橋本病の急性憎悪」と呼んでいます。甲状腺ホルモンが一時的に漏れ出して、動悸や息切れなどの甲状腺機能亢進症の症状が出ることもあります。症状の再発を繰り返す場合は手術で治療することもあります。

突発性粘液水腫

甲状腺のはれがないほかは橋本病そっくりの甲状腺機能低下症があります。症状は一般の橋本病よりも著しいことが少なくありません。橋本病と同じ治療をします。

バセドウ病

非常にまれですが、途中でバセドウ病に変化することがあります。血縁のなかにバセドウ病の方がいる場合は、なりやすい傾向があります。逆にバセドウ病患者様のなかで、病状が好転した後に甲状腺機能低下症となり、橋本病と鑑別できない場合もあります。

橋本病の検査

甲状腺機能の検査

甲状腺機能の検査甲状腺ホルモンを測定することが大切です。血液検査で、甲状腺ホルモン、fT3、fT4を測定します。橋本病の場合、fT3、fT4が低下していることがあります。その場合、脳の下垂体から出て、甲状腺ホルモンを出すように命令する甲状腺刺激ホルモンは増加が見られます。

甲状腺の抗体の検査

甲状腺に含まれる成分に対して自己抗体が作られ、抗サイログロブリン抗体と抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体が橋本病では陽性になります。

超音波検査

超音波検査超音波検査で甲状腺の大きさを測定しますが、橋本病が長い場合、甲状腺が縮小している場合があります。がんとの鑑別の時には、注射と同じ位の太さの針で、甲状腺から細胞を採取し、顕微鏡で炎症を確認することもあります。

橋本病の治療

甲状腺が腫れていても、甲状腺ホルモンの値が正常の場合は、甲状腺の形、大きさや、合併している病気がないかエコーでチェックし、甲状腺ホルモンを測定して様子を見るだけです。甲状腺ホルモ ンが低下している場合は、補充療法を行います。
補充療法は血液検査で甲状腺刺激ホルモンが正常になるように薬の量を決めていきます。根気よく、薬を飲みましょう。

日常生活での注意

甲状腺機能に異常のない方や、甲状腺機能低下症であっても、適切な量の薬を飲んで血液中の甲状腺ホルモン濃度が正常になっている方は、日常生活上で制限することはなにもありません。ごく普通の生活をしてかまいません。食事も特別な食事療法はありません。
甲状腺機能低下症の方は服薬を習慣にしてしまえば負担にならなくなります。
甲状腺ホルモン薬の服用を中止すると、機能低下の状態に逆戻りしてしまいます。そうなるとまた服用を少量から始めなければなりません。ほかの病気で薬を飲む時でも、甲状腺ホルモン薬は続ける必要があります。

甲状腺の病気とヨウ素

甲状腺の病気とヨウ素橋本病に限らず甲状腺の病気の人は、海藻類を食べてはいけない、たくさん食べるのがよい、などといわれることがあります。これは海藻類に多く含まれるヨウ素が、まれに甲状腺に影響をあたえる場合があるからです。ヨウ素の含有量は海藻の種類によってかなり違い、昆布が最も多く、その他の海藻は格段に少量です。橋本病の人が、昆布が主原料のものを毎日大量にとりつづけると、時に甲状腺機能低下になって甲状腺腫が大きくなることがあります。ただし、食べるのをやめれば元に戻ります。ヨウ素は甲状腺ホルモンの材料であるため、ある程度の量は誰でも必要ですが、海藻ばかりでなく魚や穀物にも多少含まれているので、日本の日常的な食事ではとくにヨウ素不足を心配することはありません。

定期的な通院と検査

橋本病では、甲状腺ホルモン濃度が一時的に変化したり、次第に低下したりすることがあるため、正常機能の場合でも定期的な検査を受ける必要があります。どの程度の間隔で検査すべきかは患者様によって違います。
甲状腺がはっきり大きくなったことに気づいたり、体の症状で気になることがある場合は、指示された時期を待たずに受診しましょう。

妊娠・出産について

橋本病が、不妊の原因になる、知能の発達に障害のある子どもが生まれる、治療薬が胎児や母乳に影響する、などといわれることがありますが、これらは間違いです。
橋本病であっても甲状腺機能が正常であれば、健康な人と同じように妊娠や出産ができます。ただし、妊娠の前半は甲状腺機能が変化することがあるため、1~2ヶ月おきの受診が必要になることがあります。
また甲状腺機能低下症の人でも、甲状腺ホルモン薬により血液中の甲状腺ホルモン濃度が正常になっていれば問題ありません。甲状腺ホルモンは、母親の体の代謝を正常にし、健康な人と同じ状態にするものであるため、妊娠中も服用を中止しないでください。もともと人が甲状腺で合成しているホルモンと同じものですので、授乳中もまったく差しつかえありません。
橋本病は、産後に病状が変化することが少なくありません。産後6ヶ月頃までに、無痛性甲状腺炎が起こることがあります。甲状腺ホルモンの過剰は3~4ヶ月以内には自然におさまりますが、その後逆に甲状腺ホルモン不足になり、これが長引く人もいますので、産後もきちんと通院してください。また、生まれつき甲状腺機能低下症にかかっている赤ちゃんは、治療しないでいると知能に影響することがあります。しかし、日本では出産で入院している間に赤ちゃんの検査をすることになっています。妊娠中から予測できるので、産科の先生の理解を得ていれば心配はありません。

妊娠・出産について