逆流性食道炎

投稿日:2012年5月14日|カテゴリ:院長コラム

胸やけでこまっていませんか?

最近TVのCMでも逆流性食道炎について見聞きします。先進国で高齢化も進み生活習慣病の方が多い日本のような国では、逆流性食道炎が起こりやすい環境にあるといえます。

先進国では経済発展するにつれ、食事が高脂肪、高カロリーとなっています。また、高齢になると骨粗しょう症になりやすくなり、背骨が曲がるようになります。すると高脂肪な食事は胃酸分泌を刺激しますし、肥満や脊椎変形などの体型変化が、胃と食道の境をゆるくし、胃酸を食道に逆流させやすくしますから逆流性食道炎の頻度が高くなります。
さらには衛生環境が良くなったため、胃粘膜を障害するピロリ菌をもっている日本人は、かつてより少なくなりつつあります。そのため胃酸分泌が正常になり、逆流性食道炎にとってはかえって負利なこととされております。

このように我々の生活が豊かできれいになったことが、皮肉なことに逆流性食道炎を発生させやすくしているのです。
逆流性食道炎は新たな生活習慣病と言えましょう。

逆流性食道炎を引き起こし易い生活習慣
①腹圧 → 前屈姿勢 ベルト等の腹部圧迫 肥満 便秘
②喫煙
③体位 → 食後すぐに横にならないようにする
④過食・高脂肪食
⑤胸やけの起こりやすい食品 → チョコレート・ペパーミント・スパイシーフード・玉ねぎ・アルコール・コーヒー・炭酸飲料・柑橘類のジュース

また、それに準ずる疾患として、同じく胃から食道への逆流が胸やけのもとになっているが、粘膜の荒れていない非びらん性胃食道逆流症や胸やけは生じるが、胃から食道への逆流によるものではない機能性胸やけがありますが、これらの発症には食道粘膜の知覚過敏も関与しているとされ、不安などの精神的コンデイションにより悪化しやすいとされており、まさしく現代のストレス社会を反映する疾患となっております。